はがきちゃん

文月ふみの日情報

文月ふみの日

「2(ふ)・3(み)」の語呂合わせで、毎月23日は「ふみの日」。1979年(昭和54)年から当時の郵政省が実施し、手紙の良さ・楽しさを多くのみなさまに知っていただこうと、ふみの日を契機に手紙を書くことを普及・啓発させる運動を展開しています。

7月は、古い呼び名のひとつとして「文月(ふみづき)」と呼ばれます。ふみの日の中でも、毎年7月のふみの日は特に「文月ふみの日」として、ふみの日にちなむ郵便切手が発行されるほか、様々なイベントが行われます。

ページTOPへ

ふみの日にちなむ郵便切手

平成28年(2016年)の「ふみの日にちなむ郵便切手」は、7月22日(金)に発売されます。
各切手シートには、文(ふみ)をつづる文房具がテーマのデザインも取り入れました。
切手シートは、財布等に入れて携帯しやすいように、ミシン目に沿って折ることができます。
ミシン目に沿って折った際に表紙となる面には、ふみの日にちなみ、鉛筆(52円シート)と万年筆(82円シート)がデザインされています。
詳しくは、日本郵便の「特殊切手「ふみの日にちなむ郵便切手」の発行」に案内されています。

はがきちゃん

暑中見舞いなどを私製はがきや封書で送る場合、記念切手やグリーティング切手を使うと受け取る人に喜ばれます。年賀状よりも作成に余裕がある暑中見舞いは、切手に凝るのもお楽しみ。

ページTOPへ