はがきちゃん

往復はがきの書き方

往復はがきの仕組み

往復はがき

往復はがきは、往信用はがきと返信用はがきを一続きにした郵便葉書です。

往信時は、往信の宛名面が表に出るように二つに折って送り、返信時は、半分に切って返信部分のみを送ります。

二つ折り・右開きの状態にして見ていくと、

  • 最初の面が往信の宛名面(送る宛先)
  • その裏側・見開きの右半分が往信の文面(送り先へ知らせる内容)
  • 見開きの左半分が返信の宛名面(戻ってくる宛先)
  • その裏側・最後の面が返信の文面(戻ってくる内容)

となります。

折らずに広げた状態で見ると、片面それぞれは

  • 往信の宛名面(送る宛先)と返信の文面(戻ってくる内容)
  • 返信の宛名面(戻ってくる宛先)と往信の文面(送り先へ知らせる内容)

が対になっています。

郵政はがきの往復はがきは、往信の宛名面には水色の切手(料額印面)、返信の宛名面には緑色の切手が印字されています。

ページTOPへ

書き方・送り方

往復はがきの書き方

往信の宛名面

送り先の宛名を書きます。宛名の書き方は

>> はがきと手紙の豆知識 > はがきの書き方「宛名の書き方」

往信の文面

先方の手元に残ります。挨拶文とともに、先方にお知らせする内容を書きます。

会合の案内などでは日時・場所・連絡先などの必要情報を盛り込みます。

返信の宛名面

この宛名にはがきが戻ってきます。返信して欲しい宛先(自分の住所・氏名など)を書きます。

宛名の敬称を省き、名前の下の左寄りに「行」や「宛」を小さ目に書き添えます。

返信の文面

出欠確認、要望など、先方から返していただく内容を書きます。

回答しやすいように簡潔にレイアウトしましょう。

投函

投函するときは、往信の宛名と返信の文面が外側になるように折ります。

折っていないと「往復はがき」とみなされませんので、「折らない往復はがき」を使用するときは注意しましょう。

>> はがきと手紙の豆知識 > 郵便はがき情報「便利なはがき-折らない往復はがき」

ページTOPへ

返信のマナー

往復はがきが使われることの多い、同窓会など各種会合の案内状をモデルに、返信の仕方を紹介します。

往復はがきの返信例

返信先の敬称

返信用の宛名には、マナーとして敬称を遠慮し、名前に「行」や「宛」を付けている場合が多いです。

返信するときは「行」「宛」の字を斜線で消し、宛名の下に改めて敬称を書き加えます。個人宛ての場合は「様」、会社や部署などの場合は「御中」とします。

自分への敬称

「御出席」「御芳名」「お名前」「ご住所」などの「御」「御芳」「お」「ご」の敬称を消します。

一文字の場合は斜めの二重線で、二文字以上の場合は縦の二重線で消します。結婚関連では、線の代わりに「寿」の文字を使うこともあります。

出欠などの回答

< 出席の場合 >

出席に○を付け、下に「いたします」「させていただきます」などを書き加えます。

< 欠席の場合 >

「所用のため残念ですが欠席させていただきます」など簡単に欠席理由を記すと、丁寧な返信になります。

投函

往復はがきを半分に切り分け、返信部分のみ投函します。往信部分をいっしょに送ってしまわないように。

返信はできるだけ早くします。特に返信期日がある場合は、期日に間に合うよう余裕をもって投函しましょう。

ご参考

>> 文例集 > 結婚関連の書状「出欠の返信」

ページTOPへ

年賀状ソフトで往復はがき作成

「年賀状・暑中見舞いドットコム」では、「年賀状特集」で年賀状ソフト(はがき・宛名印刷ソフト)の特長や使い方を紹介しています。

多くの年賀状ソフトは、往復はがきの印刷に対応しています。年賀状ソフトは住所録・宛名印刷機能とはがき文面作成機能を併せ持っていますので、年賀状と同じく、一度に大勢に宛てる招待状・案内状の作成・印刷にとても便利。

はがきちゃんが使っている「筆まめ」も、往復はがき作成・印刷が簡単にできます。

往復はがきの作り方の要領は次のとおり。

  1. 往信の文面(開催日時などのお知らせ内容)と、返信の文面(出欠確認など)を、それぞれ作る
  2. 宛名に使う住所録を開く
  3. 対応する文面を組み合わせる

宛名ウィンドウで、往復はがきを折らずに広げた状態でレイアウトします。片面は「返信の宛名&往信の文面」のセット、もう片面は「往信の宛名&返信の文面」のセットとなります。

年賀状ソフト「筆まめ」で同窓会の往復はがき作成

作成手順について詳しくは、年賀状ソフト活用例を。

>> 往復はがきの作成・印刷/操作手順

はがきちゃん

「筆まめVer.25」には、画面の誘導に任せて往復はがきを作成する「往復はがきデザイナー」機能があります。宛名と文面の組み合わせで迷いそうな方はお試しください。

ページTOPへ