はがきちゃん

年賀状の書き方・送り方

「年賀」の朱書き

年賀の朱書きの例

年賀状に年賀はがき(お年玉付郵便葉書)以外の郵便葉書や私製はがきを使うときは、一般郵便と区別するために切手の下に「年賀」と朱書きします。
「年賀」が無いと普通郵便にみなされて、年内に配達されてしまいます。
私製はがきを使うときは、年賀切手を貼るようにしましょう。お年玉付年賀切手も発行されます。

>> 年賀状特集 > 年賀状お役立ち情報 > 年賀葉書情報

ページTOPへ

年賀状の書き方の基本

年賀状サンプル
  1. 文頭に「謹賀新年」などの賀詞を大きめに書きます。
  2. 無事の越年を喜ぶ言葉・日頃のお付き合いへの感謝・近況報告などを簡潔に書きます。
  3. 今後の指導や変わらぬ親交を願います。
  4. 相手の健康・幸福や繁栄を祈ります。
  5. 日付は年号から書きます。西暦でもかまいません。
  6. 一言の添え書きは、小さめの字で短くまとめましょう。

< 今後の指導や変わらぬ親交を願う言葉 >

  • 「本年もご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。」
  • 「本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願いいたします。」
  • 「本年も一層のお引き立てのほど宜しくお願いいたします。」
はがきちゃん

年賀状には用件は書きません。

< 相手の健康・幸福や繁栄を祈る言葉 >

  • 「皆様のご多幸と繁栄をお祈り申し上げます。」
  • 「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」
  • 「貴社ますますのご発展と社員皆様のご活躍を祈念いたします。」
はがきちゃん

相手の健康・幸福や繁栄を祈る言葉は、年賀状本来の意味からすると、最も大切な言葉です。

ページTOPへ

賀詞いろいろ

賀詞の例

「賀詞」は本来、年賀に限らないお祝いの言葉のことですが、特に年賀状に用いる新年を祝う語句を指して「賀詞」と呼んでいます。
「迎春」など、漢字一文字・二文字の賀詞は、目上の人から目下の人へ新年を祝う意味で使われることが多いようなので注意しましょう。
目上の人への年賀状には、つつしんだ気持ちやへりくだった意味の文字・言葉を含んだ四文字の賀詞や文章の賀詞を用いましょう。

例:謹(相手を尊ぶ)、敬(尊んで礼をつくす)、恭(礼儀正しく丁寧)、謹んで、申し上げます

おめでたい表現を控えたいときに、賀詞に変わる言葉は、以下をご参考に。

>> 年賀状特集 > 年賀状の基本 > 年賀状のマナー「祝いの言葉を使わない例」

< 一文字の賀詞 >

  • 「寿:おめでたいこと、祝い」
  • 「福:幸せ」
  • 「春:新年、年の初め」
  • 「賀:祝い」
  • 「禧:よろこび」

< 二文字の賀詞 >

  • 「賀正:正月を祝う」
  • 「迎春:新年を迎える」
  • 「寿春:新年を祝う」
  • 「初春:新年、年の初め」
  • 「頌春:新年をたたえる」

< 四文字の賀詞 >

  • 「謹賀新年:謹んで新年をお祝いします」
  • 「恭賀新年:うやうやしく新年をお祝いいたします」
  • 「謹賀新春:謹んで初春をお祝いいたします」
  • 「恭賀新春:うやうやしく初春をお祝いいたします」

< 文章の賀詞 >

  • 「あけましておめでとうございます」
  • 「新年おめでとうございます」
  • 「新春のお慶びを申し上げます」
  • 「新年の御祝詞を申し上げます」
  • 「謹んで初春のお慶びを申し上げます」
  • 「謹んで年頭の御祝詞を申し上げます」

< 英語の賀詞 >

  • 「A Happy New Year :よい新年を」
  • 「A Start of a New Year :新しい年の幕開け」
  • 「Happy New Year :新年おめでとう」
  • 「May You Your Happiness of this Year :今年もあなたに幸福あれ」
  • 「New Year's Greetings :新年のご挨拶」
はがきちゃん

西欧では一般にクリスマスと新年のあいさつを一緒にします。「A Happy New Year」は「よいお年を」という年越し前の挨拶です。年越しの後に届く年賀状には「Happy New Year」と書きましょう。

>> 年賀状特集 > 年賀状の基本 > 海外への年賀状

ページTOPへ

年賀状で避けたい表現

賀詞の重複の例

< 年賀状の忌み言葉 >

「枯れる」「衰える」「破れる」「失う」「倒れる」「滅びる」などは使いません。
「去る」も避けたい言葉なので、「去年」ではなく「昨年」「旧年」などとしましょう。

< 賀詞や年号を重複させない >

サンプル素材などに賀詞が含まれていれば、さらに賀詞を書く必要はありません。賀詞を使ったら、添え書きには賀詞を書かないようにしましょう。
「「元旦」や「一月一日」も重複しないようにしましょう。 年号は西暦で表記してもかまいませんが、元号と西暦の併記はしません。

< 間違いやすい表現 >

意外と知らずにに使ってしまっている年賀状の間違いはこちら。

×「新年明けましておめでとう」
○「明けましておめでとうございます」

「新年」と「明けまして」の意味が重複しています。

×「○○年 一月元旦」
○「○○年 元旦」

元旦は1月1日の朝という意味なので重複表現です。

×「A Happy New Year」
○「Happy New Year」

日本国内で年越しの後に届く年賀状には「Happy New Year」と書きましょう。

ページTOPへ

年賀状の投函時期

年賀状の引き受け開始は12月15日から。年賀郵便を年内の一定期間に出せば、官製はがきなどへの消印を省略(申し出があれば消印)し元旦以降に配達する「年賀郵便特別取扱」は、毎年12月15日から受け付けが始まります。

日本郵便の「2015(平成27)年用年賀葉書の発行及び販売」のお知らせによると、"2014年12月25日(木)までに差し出していただいた年賀状は元日に、2014年12月26日(金)以降12月28日(日)までに差し出していただいた年賀状もできる限り元日にお届けできるよう取り組みます。"とのことです。 元旦にきっちりと年賀状を届けるには、12月25日までに差し出しましょう。

>> 年賀状特集 > 年賀状お役立ち情報 > 年賀葉書情報

近年、年賀状は元旦に届けるのが礼儀正しいとされていますが、古くは1月2日の「書き初め」に年賀状を書いていたので、本来は松の内(一般に1月7日までとすることが多い)に届けば失礼にはあたりません。松の内に間に合わなければ寒中見舞いとして送りましょう。

ページTOPへ

ビジネス年賀状

会社同士の関係を円滑に保つためにも、年賀状のやり取りは欠かせないものです。
襟を正してきちんと挨拶するいい機会であり、仕事の一環としての年賀状ですので、礼儀正しい文章を書くことを心がけます。
会社のPRは、ほどほどにしましょう。

>> 年賀状特集 > 年賀状の基本 > 年賀状の文例「ビジネス年賀状の文例」

ページTOPへ