はがきちゃん

寒中見舞い・余寒見舞いの文例

※例文は主に「筆まめ」の「定型文章」から抜粋・編集しました。

※【 】表示の言葉は置き換え用です。

季節の挨拶としての寒中見舞い・余寒見舞い

寒中見舞い・余寒見舞い文例

< 寒中見舞 >

寒中お見舞い申し上げます

暖冬とはいえ、さすがに冷え込む今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで私どもは無事に過ごしておりますので、ご安心ください。

世間では流感が猛威をふるっております。時節柄、くれぐれもご自愛ください。

寒中お伺い申し上げます。

暖冬とは申せ、やはり朝晩の冷え込みは辛いものがございます。無理をせず温かくして、ゆっくりとお過ごしください。

私どもは皆元気にしております。病気知らずの家族に恵まれましたことに感謝する毎日です。

もうすぐ春の足音も聞こえてきましょう。どうぞお風邪など召しませぬよう、お体を大切にお過ごしください。

< 余寒見舞 >

余寒お見舞い申し上げます

春とは名ばかりに厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そちらは雪下ろしで大変な日々なのではと案じております。

雪解けの頃、家族で帰郷いたしますが、お会いできるのを楽しみにして、この寒さを乗り切るつもりです。

それでは、くれぐれもご自愛くださいますよう念じております。

ページTOPへ

年賀状の返礼に遅れたとき

寒中見舞い文例

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。ご挨拶が遅れ申し訳ございません。

皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子、心からお喜び申し上げます。

私どもも無事越年いたしました。

今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

寒中お見舞い申し上げます

新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました。誠に申し訳ございません。

厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。

今年も宜しくお願い申し上げます。

ページTOPへ

喪中の方へ年頭のご挨拶に変えて

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私どもは元気に過ごしておりますので、ご安心ください。

ご家族がひとり欠けたこの冬は、寒さもひとしおと存じます。世間では流感が猛威をふるっておりますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

寒中お伺い申し上げます

ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させていただきました。

【故人名・敬称】がご逝去なさって数ヶ月、ご一家の皆様には、お寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。

【故人名・敬称】にはお世話になりながら、お返しもできないままお別れすることになってしまいました。今はご冥福をお祈りするばかりでございます。

厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください。

ページTOPへ

寒中見舞い状への返事

ご丁寧な寒中見舞をいただき、ありがとうございます。

今年は例年になく厳しい寒さですが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのご様子、なによりとお喜び申し上げます。

おかげさまで私どもも変わりなく過ごしておりますので、他事ながらご安心ください。

寒さももうしばらく続くと思いますが、お互いに風邪などひかぬよう心がけましょう。

取り急ぎまして一筆、お礼まで。

ページTOPへ

喪中対応の寒中見舞い

寒中見舞い文例 寒中見舞い文例

< 喪中の告知と欠礼のお詫び >

寒中お見舞い申し上げます

寒さはこれからが本番ですが、皆様にはお変わりございませんか。

【故人続柄】の喪中のため年始のご挨拶を差し控え、失礼いたしましたが、今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

< 喪中と知らず年賀状を出してしまった方へ >

寒中お見舞い申し上げます

【故人続柄・敬称】ご逝去のこと、存じ上げなかったとはいえ、新年のご挨拶を申し上げ大変失礼いたしました。

寒い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしください。

寒中お伺い申し上げます

御喪中をわきまえず年始状を差し上げてしまい、深くお詫び申し上げます。遅ればせながら、【故人続柄・敬称】のご冥福をお祈り申し上げます。

本格的な寒さを迎える折、御身お大切に、元気でお過ごしくださいますよう。

< 喪中を知らせずに年賀状を頂いてしまった方へ >

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただき、有難く存じます。

亡き【故人続柄】の喪中につき年頭の挨拶を控えさせていただきました。旧年中にお知らせ申し上げるべきところ、年を越してしまいました非礼を深謝いたします。

寒い日が続きますが、風邪など召されませぬようお気を付けください。

< 故人に年賀状が届いたときの返礼 >

寒中お見舞い申し上げます

年頭のご挨拶を頂きありがとうございました。

【故人続柄】は【死去年月】に他界いたしました。旧年中にお知らせ申し上げるべきものを、年を越してしまいましたご無礼の段、どうかお許し願います。

故人が生前に賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに、この厳寒の折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

ページTOPへ