はがきちゃん

よくある疑問と解決方法

Q1. 印刷できない!

A1. プリンターが正しくパソコンに接続されているか確認しましょう。

  • プリンターの電源がONになっているか
  • プリンターのケーブルがパソコンに正しく接続されているか
  • プリンターがオンライン(パソコンと正しく接続されデータをやり取りできる状態)になっているか

を確認します。

プリンターの電源を切り、いったんパソコンを終了させ、プリンター → パソコンと電源を入れなおしてパソコンを起動し、再度印刷してみましょう。

プリンタードライバーに不具合がある場合もありますので、お使いのプリンターの最新ドライバーをパソコンにインストールしましょう。

はがきちゃん

印刷する前に、プリンターの設定を確認しておきましょう。
最新のプリンタードライバーを使うと、印刷の不具合が解消されることがあります。
一般にプリンター付属のCD-ROMなどにドライバーが入っていますが、多くのプリンターメーカーはホームページで最新のドライバーを提供していますので、利用してみてください。

ページTOPへ

Q2. おかしな文字や記号が印刷される!(文字化け)

A2. プリンターのケーブルが正しくパソコンに接続されているか確認しましょう。

プリンタードライバーに不具合がある場合もありますので、お使いのプリンターの最新ドライバーをインストールしましょう。

ページTOPへ

Q3. 印刷がにじむ!キレイに印刷できない!

A3. 使用している用紙(紙質)とプリンターの用紙設定が合っているか確認しましょう。たとえば、普通はがきには「普通紙」、インクジェット紙はがきには「インクジェット専用紙」などを設定します。

文字や画像の輪郭がギザギザになっているときは、プリンターのギャップ(印刷位置のズレ)調整をしてみましょう。また、印刷解像度の設定も確認しましょう。

プリンター・インクと、印刷する紙質の相性もありますので、こちらもご参考に。

ページTOPへ

Q4. 印刷したら、色みがパソコンの画面で見ていたものと違う!

A4. パソコンの画面とプリンターでは色の表現方法が違うため、ある程度の色の違いは出てしまいます。

明らかに色が違うときは、何色かのインクがなくなっているかもしれませんので、インクの残量を確認してみましょう。

プリンターヘッドが目づまりして色が出ていないこともありますので、プリンターのクリーニングもしてみましょう。

ページTOPへ

Q5. はがきが給紙されない!何枚もいっしょに給紙される!

A5. はがきが正しくセットされているか、用紙ガイドではがきを押さえすぎていないか、規定以上の枚数をセットしていないか確認しましょう。

プリンターの設定が適切でない場合もあります。給紙方法(手差し・オートシートフィーダーなど選択)が正しいか確認しましょう。

はがきちゃん

買ったはがきをそのまま給紙すると、紙づまりすることが多いとか。年賀状のようにまとめて購入するはがきは、はがき同士がくっついて数枚いっしょに給紙されないよう、束を1枚ずつ広げてから揃えなおしてプリンターにセットしてみましょう。

ページTOPへ

Q6. はがきいっぱいに全面印刷したいのに、余白ができる!

A6. 一般に、印刷の余白部分はどうしてもできてしまいますが、「フチなし印刷」に対応したプリンターであれば、プリンターの設定(「フチなし全面印刷」にチェックを付ける、など)でフチなし印刷をすることができます。

ページTOPへ

Q7. はがきの表面(宛名面)と裏面(文面)は、どちらを先に印刷すればいい?

A7. 宛名面を先に印刷すると便利です。はじめに宛名を印刷すれば、宛先を確認しながら文面を印刷することができます。

たとえば、年賀状や暑中見舞い状の文面を「目上の方用」「友人用」などと分けているときなど、印刷し終わった宛名を文面ごとに分けて、それぞれ適切な文面を印刷することができます。礼儀も大切な年賀状には特に、目上の方には失礼のない文面を送りたいものです。

はがきちゃん

プリンターにセットするときは、はがきの向きにご注意!
宛名と文面の上下が逆になってしまわないように・・・

ページTOPへ

Q8. 年賀はがきの紙質は、インクジェット紙・普通紙のどちらが適している?

A8. 家庭用プリンターはインクジェットプリンターが一般的だと思います。インクは多くの場合、染料系のインクが使われています。インクにもよりますが、染料系インクは、普通紙への印刷ではにじみやすい場合があり、専用のインクジェット紙・光沢紙への印刷に適しています。

顔料系のインクは、にじみにくく、普通紙にもくっきり印刷できます。インクにもよりますが、インクジェット専用光沢紙などには定着が悪く、はがれやすい場合があります。

レーザープリンターや熱転写方式プリンターは、インクジェット紙への印刷には向かず、普通紙への印刷に適しています。

日本郵便の「よくあるご質問・お問い合わせ」によれば、パソコン年賀状はもちろん、手書き年賀状でも、使う筆記具によってはインクジェット紙の年賀はがきが適しているようです。

以下の表は、「インクジェットと一般の再生紙では、自分で印刷するとしたらどちらがよいですか?」「写真用年賀はがきで印刷する際、適していないものは何ですか?」に基づき、年賀状作成方法別にまとめた年賀はがきの紙質との相性です。

作成方法ごとに、インクジェット紙か一般再生紙かで適している方に「○」を入れています。また、インクジェット写真用に適したものには「適」、適さないものには「×」を入れています。

インクジェット紙 一般再生紙 インクジェット写真用
インクジェットプリンター
(染料系)
 
インクジェットプリンター
(フルカラー顔料系)
インクによっては○ ×
レーザープリンター   ×
熱転写方式プリンター   ×
オフセット印刷
(含:はがき持込の注文印刷)
  ×
コピー機   ×
スタンプ   ×
手書き:
鉛筆(Bより軟筆)、ボールペン、毛筆、筆ペン、サインペン
  ×
手書き:
鉛筆(HBより硬筆)、万年筆、シャープペン
  ×
版画(油性インク以外)   ×

ページTOPへ

年賀状・暑中見舞い パソコンでの作り方 TOP 

  • 厳選デザインショップ