はがきちゃん

干支(えと)情報 ~2017年・酉(とり)年版

干支(えと)とは?

2017年(平成29年)は酉年(とり年)ですが、「干支は酉・とり」というのは正しくありません。

「干支(えと)」とは、正確には「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の組み合わせです。2017年の場合、十干は「丁(ひのと・てい)」、十二支はご存知の「酉(とり・ゆう)」なので、干支は「丁酉(ひのととり・ていゆう)」となります。

はがきちゃん

今では、干支(えと)といえばネズミ、ウサギ、ウマなどの十二支、と思うほうが話が通じやすいですね。

< 十干(じっかん) >

干支(えと)の「干」は「十干」のことで、以下の10種類です。

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

< 日本語の読み >

  • 甲:きのえ
  • 乙:きのと
  • 丙:ひのえ
  • 丁:ひのと
  • 戊:つちのえ
  • 己:つちのと
  • 庚:かのえ
  • 辛:かのと
  • 壬:みずのえ
  • 癸:みずのと

< 音読み >

  • 甲:こう
  • 乙:おつ
  • 丙:へい
  • 丁:てい
  • 戊:ぼ
  • 己:き
  • 庚:こう
  • 辛:しん
  • 壬:じん
  • 癸:き

十干は、陰陽五行説に基づいて「木・火・土・金・水」の五行と、「陰・陽」の「兄(え)・弟(と)」に分けたものです。

木(き)は甲・乙、火(ひ)は丙・丁、土(つち)は戊・己、金(かね)は庚・辛、水(みず)は壬・癸。木は、陽である甲が「木の兄(きのえ)」、陰である乙が「木の弟(きのと)」、火は、陽である丙が「火の兄(ひのえ)」・・・と割り当てられます。

はがきちゃん

「兄(え)」の年と「弟(と)」の年が交互に繰り返していくことから「えと」と呼ばれるようになったといわれます。

< 十二支(じゅうにし) >

干支(えと)の「支」は「十二支」のことで、以下の12種類です。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

< 日本語の読み >

  • 子:ね
  • 丑:うし
  • 寅:とら
  • 卯:う
  • 辰:たつ
  • 巳:み
  • 午:うま
  • 未:ひつじ
  • 申:さる
  • 酉:とり
  • 戌:いぬ
  • 亥:い

< 音読み >

  • 子:し
  • 丑:ちゅう
  • 寅:いん
  • 卯:ぼう
  • 辰:しん
  • 巳:し
  • 午:ご
  • 未:び
  • 申:しん
  • 酉:ゆう
  • 戌:じゅつ
  • 亥:がい

古代中国で、天球を約12年で1周する木星の運行を目安として、12の方角に分けて名前を付け、1年12ヶ月の暦をあらわしたのが十二支の成立であるといわれます。

十二支にも陰・陽があり、「子・寅・辰・申・午・戌」が陽、「丑・卯・巳・未・酉・亥」は陰で、陰陽が交互に割り当てられています。

はがきちゃん

字の読めない人も暦を覚えられるようにと、十二支にネズミ、ウシなどの動物を配したと考えられています(タツは想像上の動物ですが)。十二支の動物は、年賀状デザイン素材の定番になりました

< 干支(えと) >

十干と十二支を組み合わせたものが本来の「干支」です。

十干の最初の「甲」と十二支の最初の「子」の組み合わせ「甲子(きのえね)」から始まり、「乙丑」「丙寅」「辛卯」・・・と続き、「癸亥(みずのとい)」まで60種類あります。

干支がひとまわりして同じ干支が巡ってくると「還暦」です。

はがきちゃん

「壬申の乱」「戊辰戦争」「辛亥革命」など、歴史上の大事件の呼び方に干支が使われています。おなじみ阪神甲子園球場の名称も、竣工した1924年(大正13年)の「甲子(きのえね)」から。寅年じゃなかったんですね(笑)

ページTOPへ

今後数年の干支

2017年(平成29年)から2021年(平成33年)までの干支は下記のとおりです。

2017年 丁酉(ひのととり・ていゆう)
2018年 戊戌(つちのえいぬ・ぼじゅつ)
2019年 己亥(つちのとい・きがい)
2020年 庚子(かのえね・こうし)
2021年 辛丑(かのとうし・しんちゅう)

ページTOPへ